長崎みやげの専門ショップ

グラバー園エリア

グラバー園


幕末期の長崎には、開国を求めてイギリス、フランス、ロシアなど西欧列強の船が来航した。中でもスコットランド出身のトーマス・B・グラバーは、力ある諸藩や倒幕を志す志士達とも交流した。居留地で活躍したグラバーや、リンガー、オルト、ウォーカーなどの私邸を残すグラバー園は、南山手と呼ばれる長崎で最も異国情緒あふれる観光名所である。
15